変化する名付けの習慣|真剣な名付けとは?姓名判断で赤ちゃんに最適な名前をプレゼント

変化する名付けの習慣

水晶玉

今も昔も、親が子供に名前を付けるときは、色々な夢や希望を盛り込むものです。
大事な赤ちゃんに名づけするのは、親として一番最初に行うべき、大切な役割になります。

しかし、時代と共に名前を付けることに対しての意味が変化しつつあります。
本来なら、子供の将来を考えて名前を考えるものですが、親が主観的な見方で安易に名づけするパターンも増えているのです。
俗にいうキラキラネームがそれにあたり、漫画やアニメキャラのような響きの文字を使ってしまうわけです。

また、姓名判断で画数や文字のアドバイスを受け、漢字はそのままでも、読み方を特殊に変えるというケースも多々あります。
一瞬、何と読めば良いのか分からないような当て字を用いて、個性的な響きの名前を重視する傾向が多くなりました。

さらに、芸能人の名前をそのまま使ったり、名前ランキング上位の漢字を用いたりするなど、赤ちゃんの名前に流行を取り入れる親も増えています。
つまり、赤ちゃんの将来を考えているというよりも、その時期に自分が気に入っている名前を付ける傾向が強いということです。

この現象は何年も続いており、良い悪いの問題ではなく、時代の流れがそうさせているとしか考えられません。
お気に入りの漢字や音の響きを用いるのは構いませんが、流行を取り入れすぎると、その時期に生まれた赤ちゃんの名前が被ってしまうこともあります。

実際、同じ名前の子供が周りにたくさんいるから変えたいという親もたくさんいます。
一度付けた名前を変えるのは大変ですから、命名するときには、じっくりと検討することが大事なのです。